Skyland Ventures tech ブログ

渋谷のVenture Capital Skyland Venturesのいま一番イケてる投資先、nanameue,IncとKaumoの共同技術ブログ

エンジニアインターンするのに英語が必要だった3つの理由

はじめまして。 nanameue, Inc. でインターンしています 横田です。

このブログを通して、インターンしていて感じ取ったことを共有したいと 思います。

みなさん!!!! 英語勉強していますかああ!

表題のようににインターンしていて英語の必要性をいやというほど感じております。 (表題がなんかうさんくさい自己啓発本、ネット記事みたいw)

その理由は….

  1. 外国人の社員さんがいる
  2. 使用するイケてる社内ツールは海外製
  3. プログラミングでハマった時に答えは英語でほとんどかかれれている

これから何週かにわたってこれら理由について詳しく書いてきたいと思います。

まずは理由の一つ目!

1.外国人の社員さんがいる

一つ目にして最大の理由が

会社に外国人の社員さんが数人いることです。
(しかも日本語がしゃべれない orz)

数人だけだろ、社内公用語を英語にしてて沢山の外国人の社員さんがいる大企業に くらべて大したことないと思うかもしれません。

しかし、僕がインターンしているのは少数精鋭のベンチャー企業です。

元々のメンバーの数が数人なので、外国人の社員さんが数人いるだけで

社内の体制がその人たちにつねに配慮した体制になってきます。

朝会は英語, 英語プレゼンテーション, 英語で社内ツールの仕様決定会議 …...

ほとんど会社全体で共有するものは英語で書かれますし、

全体報告には英語で書かなければいけません(e.g. 全体チャット)

さらに外国人の社員さんが増えていくいうことで…. T T

英語を会社で使っていく中で一番大事かつ難しいのがコミュニケーション能力。

英語 × コミュニケーション能力 !!

いかにも就活で無双できそうな組合せ,フレーズですね(笑)

これが一番しんどいですが一番楽しいところであります。

僕はユーザーサポートを担当しているのですが、沢山のユーザーから

大量のバグ報告、ご指摘 (苦情)が、時間に関係なく、容赦なくメールで飛んできます。

僕のMac, IPhone は常にメールの通知で火を吹いてます!!!

圧倒的に多いバグはネイティブというよりはサーバーサイドのバグで、

様々なバグ報告についてサーバーサイドのエンジニアさんに伝えなければいけません。

なんどうちのサーバーサイドのエンジニアさんは外国人の人だけです。

もう逃げ場はない….. 喋らなきゃ殺られる(注:CEOに怒られる)

なんとか頑張ってbug報告を直接しゃべってバグの所をチェックしてもらってます!
(向こうもすごくこちらを理解しようとしてくれるので大したことは言ってないw)

また自分が作ってるアプリのサーバーをビルドするときや、

自分たちがサービスの保守をしているときにつかう自社ツール

「こういう風にしたらもっと使いやすいんだけどできますか?」

と改善の提案をして技術的なフィードバックをもらって実現してもらってます。
(うちのサーバーの人優秀過ぎてなんでも「It’s possible ! very easy !」と言われますがw)

まとめ

アプリ開発はチーム開発なので、自分だけではなんともできないことがたくさんあります。

なのでメンバー間でのコミュニケーションが大事です。グローバルに視点を向けている

ベンチャー企業ではこのメンバーの中に外国人の人が必然的にはいってきます。

こういった人たちと対等にコミュニケーションをとれなければ、自分の要求や提案を通すこと

はできなく、そのために英語が必要であることをインターンしていてすごく感じます。

次回は

2.使用するイケてる社内ツールは海外製

について詳しく書こうと思います! それではまた ノシ