読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Skyland Ventures tech ブログ

渋谷のVenture Capital Skyland Venturesのいま一番イケてる投資先、nanameue,IncとKaumoの共同技術ブログ

Parseをやってみた

先週は 「地方大学生がいかにしてスタートアップにジョインするか」という記事で体験談などを書かせていただきました。nanameue, inc.の童銅です。

今回は、データーベースを自分で用意しなくても、自分で簡単に用意できるMBaaS(Mobile Backend as a Service)で最も有名なサービスであるParseをつかってアプリケーションを作ってみましょう的な記事です。

f:id:skytechblog:20151201005329p:plain

nanameue, inc.ではサーバーサイドエンジニアでありCTOのトンさんがAWSを利用したデーターベースを用意していただいているのでParseは必要ありませんが、使って見たかったので業務の合間を縫って遊んでみました。

Parseとは

ParseFacebookが運用しているmBaaS(mobile backend as aService)で最も有名なサービスです。

簡単に説明すると、クラウド上に用意している機能をAPIを呼び出すだけで利用でき、サーバーの開発や運用の必要なくスマートフォンアプリを開発できるサービスです。詳しく知りたい方は以下の記事がおすすめです。

Parseで何をつくるか

ちょっとしたSNSを作りたいんですけど、記事を書くのに時間がかかり過ぎてしまいそうなので、ちょっとした導入だけ書こうと思います。

とりあえずDataを保存してみたい

Sign up for free からアカウントを作成します。私はgithubのアカウントを使ってsign upしました。 アプリ名を記入してCreate app->QuickstartGuide->Data->Mobile->iOS->Swift->New project

f:id:skytechblog:20151201005440p:plain

ここからは表示されているフローに従ってください。

1. Xcode projectをダウンロードし開いてください

2. AppDelegate.swiftに下記のコードを追加してください。

Parse.setApplicationId("ApplicationId", clientKey: "clientKey")

Test the SDK に従って、以下のコードをViewController.swiftのviewDidLoadに追加してください。

let testObject = PFObject(className: "TestObject")
testObject["foo"] = "bar"
testObject.saveInBackgroundWithBlock { (success: Bool, error: NSError?) -> Void in
  print("Object has been saved.")
} 

(注.swift2.1のためprintlnからprintに変更している)

3. Runしたあと、Testボタンを押せばクラウド上に保存されたことが確認できます。

f:id:skytechblog:20151201010404p:plain

超絶簡単でした。これならサーバーの知識が何にもない私にも活用できそう!

つぎはPush通知に挑戦

DB連携がすごく簡単だったのでも、もう少し遊んでみます。

Push->Mobile->iOS->Swift->ExistingProject

先ほどprojectをダウンロードしたので1,2,3のフローは必要ないです。

Connect your app to Parse のフローに沿ってやっていけば大丈夫です。

必要なコードを追加した後は、RunしてTestを押すだけです。

...え?できないじゃん。

それもそうです。だってPush通知には、DeveropperCenterでアプリのappIDや証明書、プロビジョニングファイルを作成しなければいけないんです。

Oh, my goodness!!

だるい。。。。しかしやりましょう!!!

まずはAppIDの作成

ここからはdevelopperに登録している人しかできません。。。

MemberCenter->Certificates,Identifiers&Profiles->Identifiers->AppIDs

右上のプラスボタンを選択後はこちらの記事を参考に

Parse.comを使ったiOSデバイスへのプッシュ通知[導入編]

プロビジョニングファイルをつくったりp12ファイルをつくったりいろいろすると、、、

プッシュ通知できました!!

f:id:skytechblog:20151201005125p:plain