読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Skyland Ventures tech ブログ

渋谷のVenture Capital Skyland Venturesのいま一番イケてる投資先、nanameue,IncとKaumoの共同技術ブログ

Gitのsubmoduleを使ってみた

新年明けましておめでとうございます。

今年のトップバッターはnanameue,incの童銅からです。先日インターン生向けにウェブエンジニアのPonさんからGitの講習を受けたので今回はGitに関して書きます。

ただGitに関して書くことが多すぎるので、今回はsubmoduleに関してお話しします。

そもそもGitとは

 簡単に説明するとgitとは編集履歴を保存し、バージョン管理が行えるシステムの一つです。そして、自分のPC内で保存しているgitリポジトリをインターネット上(リモート)で管理できるサービスがGitHubBitbucketです。 f:id:skytechblog:20160112102610j:plain

Submoduleとは

 nanameueのアプリでは、一つのプロジェクトをメインのレポジトリとサブのレポジトリに分けて開発しています。作業中のメインレポジトリ内に既存のサブレポジトリを追加することでサブモジュールとして分割して管理することができます。 詳しくはこちらが参考になります。

Git のさまざまなツール - サブモジュール

実践

今回はGitHubで実践します。まず二つのプロジェクトファルを用意します。そして、用意したMainのプロジェクトとSubmodueKitのライブラリをそれぞれGitHubにpushします。 あとは、MainのディレクトリでSubmoduleKitのURLをgit submodule add URLすれば完成です。 私の場合は、以下のコマンドでサブモジュールとして追加できます。

git submodule add https://github.com/yasuralian/SubmoduleKit

f:id:skytechblog:20160112025528p:plain

submodule化のあと

submodule化が終われば後は簡単です。 MainとsubmoduleKitは分割して管理できるので、それぞれのタイミングでそれぞれのディレクトリでcommitします。 また、git cloneした場合は、

git submodule update --init

でサブモジュールをアップデートできます。

まとめ

今回はgit submoduleに関してお話ししました。nanameueではエンジニアのponさんがgitについて英語で勉強会を開いてくれます。外国人のエンジニアやデザイナーがいる職場で働きたい学生はぜひnanameue童銅まで連絡ください。では今年しもよろしくお願いします!!